地震速報

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンコはとっても家族的

2012年04月07日 10:23

誤解されていた先祖
オオカミは野生では群れで暮らさず、優位を維持するために
ほかのオオカミと戦うアルファ[階級第一位]のオスなどいない・・・
何よりも、オオカミは人間のように家族単位で暮らす。

「動物が幸せを感じるとき」より抜粋



ワンコが、もともとの単独種であるのか、オオカミの子孫であるのか、
長く意見が分かれていましたが、ここ数十年では、
染色体が同じであるなどの事実から、ようやく、
「犬は、オオカミの子孫(末裔)である」という認識で落ち着いてきました。

そして、そのオオカミについて、驚くべき?事実・・・
オオカミは大きな群れでは暮らさず、家族単位で行動し、
優位(ボス)を巡っての争いもなく、至って平和な暮らしをしている・・

ことも分かってきました。

このことは、著者であり動物学者のグランディンさんも、
オオカミの子孫である犬についても、考え方をあらためる必要がある
と述べています。

つまり、ワンコの世界も、(仲間同士で)群れをつくる習性は無く、
まして、ボスという権力を巡る血生臭い争いなど好まない
se-120407.jpg
至って、家庭的な動物であった・・・と言うワケです。

st-P1203291090893.jpg
st-P1202251090358.jpg

まあまあ。(^^;そこでケンカをしない。(汗笑)
とにかく、キミたちが人間と同じ『家族単位』で暮らす動物であることが分かったワケだし、
そうなると、人間と仲良く暮らせる理由も、納得できるよね。
無用な争いもイヤだしね。(*^^*)

しかし・・ってことは、キミたちの間での、これ↓に対する飼い主の認識も、
st-P1203131090640.jpg
改める必要があるかも知れないね。(^^;
つまり、この↑争いは、ボスを巡る抗争などではなく(苦笑)
単なる夫婦ケンカなのかも知れない・・と。
もっとも、夫婦ケンカには、権力争いの要素も含まれていそうだけど・・(汗笑)


それにしても、本当にアルファ[階級第一位]は不要なのでしょうか?
犬の訓練書をみると、支配についての記述が必ず出てきます。

そこで、彼女(グランディンさん)の本をさらに読んでいくと、
やはりありました。

ただし、野生のオオカミたちと違って、
つむあいのような・・・いわゆる飼い犬となると・・・
本当の両親や兄弟姉妹と暮らす家族単位ではないから、
誰かがアルファ[階級第一位]にならなければならないだろう
と彼女も述べています。

つまり、他人同士の群れであろうと、家族単位の群れであろうと、
統制を保つ意味では、やはり、ボス(リーダー)は必要だろう・・と言うワケですね。

しかしそれは、あくまでも家族単位での話であり・・・
犬が人間と同じ家族単位を構成する動物であり、
人間と(人間社会の中で)暮らす以上、
彼らに必要なのは、
ボスと言うより、両親(父や母)の存在なのではないか・・・
とも述べています。

つまりその話を要約すると、ワンコにとって幸せなのは、
人間社会の掟(ルール)を教えてくれる飼い主がリーダーになること
なのだと言う事ですね。

ただし、その為には、
 「そのリーダーたる人間が、賢くなくてはいけない
そうでなければ、ワンコは幸せとはいえない・・・」

と言うようなことも、グランディンさんは言っております。

結局そういう事なのね・・・と、
最後に大変に「ごもっとも」な、耳の痛い話でこの記事を終わりたいと思います。(^^;


ボクの幸せの為にも、賢くなってください。(切望)
なんなら、あたいが代行してもイイよ。
いえいえ、、ガンバリマス。(滝汗) 


いつもご来訪頂きありがとうございます。
応援クリックを頂けますと励みになります。^^ゞ
クリックありがとうございました。U^ェ^U
スポンサーサイト



アクセス解析太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。