地震速報

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パブリックコメント

2011年12月07日 18:55

こんにちは。
いつもご来訪頂きありがとうございます。

毎日寒いですね・・{{(>_<)}}
ツーワンのリード紐を久しぶりに洗ったら、
真っ黒い水が出てきました。バッチィですね。(^^;
そして一晩ベランダに干しておいたらパキバキの棒状になってました。
「凍ってる?」と思ったら、そうではなく洗剤のノリでした。(^^;
st-P1112071070903.jpg
柔軟剤も使うべきだった?(苦笑)

さて巷では、
長寿犬のプースケくんが26歳9ヶ月で虹の橋を渡ったというニュースや、
海の向こう、アメリカではダニエルくんというビーグル犬が殺処分のガス室から
奇跡的に生還したというニュースがあったり・・
と、あちらこちらでワンコの凄い話がたくさんありましたね。

長寿犬のプースケくん、年齢的には天寿を全うしたのでしょうけど、
でも飼い主さんにしたら「あと何年でも」というお気持ちだっただろうな・・
と思うと、ちょぴり寂しい感じもしますが、、
J201112050252.jpg
ニュースSOONさんから写真をお借りしました。写真をクリックで記事へ飛べます。

しかし26歳、間もなく27歳は、やはりワンコとしては凄いですよね。
ウチのツーワンもあやかりたいものです。
プースケくん、お疲れ様でした。天国でゆっくり休んでくださいね。


そして、ガス室から生還したダニエルくんのニュースは、
「良かった」と思うと同時に※、どこの国の話にしても、
人間の身勝手な都合で殺処分が行われている現状に憤りと悲しさが
込み上げてきました。彼らには何の罪もない訳ですからね。

※そもそもこれは素晴らしい話なんかじゃありません。
そもそも殺処分なんてモノがなければ起こらずに済んだ話です。。

dog111207.jpg
BIGLOBEから写真を拝借しました。写真クリックで記事へ飛べます。

アメリカの『年間370万匹が殺処分』という数字には驚きましたが、
日本でも毎年40万匹に近いワンニャンたちが理不尽な目に遭っているわけで、
これは本当に、大至急、何とかしなければいけない事案だと思います。

アメリカでは、今回のダニエルくん事件を契機として殺処分に反対する
『ダニエル法』を制定する動きがあるみたいですが、
ダニエルくんの生還を意味あるものに
この法案が世界標準になると良いですね。

※ダニエル法は『ガス室の安楽死』の廃止を求める法律ですが、
こうした運動をキッカケに殺処分廃止の気運が高まることを願います・・・。
そもそも健康なワンニャンの安楽死ってどういうコッチャですよ。(--;)


そして日本でも、この夏に引き続き『動物保護法改正』のパブリックコメントを
集める動きがあり、私も先日、メールで参加しました。

話が急で恐縮ですか(^^;、
パブリックコメントの締切が本日(12月7日)という事になってます。
https://business.form-mailer.jp/fms/ca38d39c10097

「オマエの話では要領が得ない、よーワカラン」と言う場合には(^^;、
ピッポくん、マルちゃん、れおちゃんでお馴染みの
『くまポメ!Cafe★』さんで詳しく解説されておりますので、
ピッポくんちをご覧になってから受付窓口サイトへアクセスしてみてください。

いずれにしても、一日も早くワンニャンたちと『より良い共生』ができるよう、
みなさんのご協力をお願い致します。

st-P1112051070872.jpg
いきなり急な話ですみません。どうか仲間たちをお救いください。お願い致します。
st-P1112051070874.jpg
あとで飼い主を叱っておきます。宜しくお願いします。
はい、、あとでたっぷり叱られておきます。。ん?(^^; 

クリックありがとうございました。U^ェ^U

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tumugi09.blog66.fc2.com/tb.php/939-d10e64c7
この記事へのトラックバック



アクセス解析太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。